公立の通信制高校の学費の特徴

通信制高校は普通高校と同じように、私立と公立があります。特徴はそれぞれありますが、最も大きな違いが見られるのは学費面です。公立の通信制高校は経済的な負担をより軽減して、教育の機会を平等に与えることを目的としています。そのため「努力」と「意欲」がなければ卒業は難しくなります。


<公立の学費>

公立の通信制高校は、学費面の負担が小さくされています。それによって「誰でも教育を受ける機会に恵まれるように」しています。入学金は500円程度ですし、授業料が年間1万円程度です。教科書や学習費も年間1万円前後ですので、自分の力で働きながら勉強することが出来る金額です。生活状況の要件があえば、無償にもなります。奨学金制度などもありますし、スクーリングにかかる費用も割引や無償化が可能です。
経済的な理由によって進学を断念するようなことにならなくて済むようになっているのです。公立の通信制高校があることが大きな救いとなった生徒も多く、公立の意義は充分に果たしています。しかし学習者へフォローはありませんので、自力で頑張れる生徒でなければくじけてしまいます。そのため、卒業が入学の半分という悲しい結果も見られます。私立はその問題に取り組んでいます。