通信制高校の学費支援制度を知っておこう

全国の高校生の子どもを持つ世帯で、年収が910万円以下の家庭では、就学支援金という国からの補助金の給付が決まりました。年収で区切ってしまうことなどには賛否あるようですが、現時点では910万円というラインが決まったということです。


通信制高校は1単位4812円分の給付

通信制高校では、学費が単位を申し込んだ数だけかかることから、生徒個人で学費が変わるという特性があります。そのため、学費の給付金は単位ごとの給付で毎年、かわってくるそうです。1単位を4812円と設定、上限を卒業に必要な最低単位の74単位分と決めています。給付は74単位分ですが、単位修得数ではなく、申し込みに対して学費はかかりますから、この部分は計算を間違えないようにしましょう。


私立は学費が大きく変わるので、最初に調べておこう

私立の通信制高校の場合、1単位分の値段には大きな開きがあります。6000円程度の高校もあれば、1万円を超す学費がかかる学校もあるため、金額的に倍くらい変わるという可能性もあります。また別で、サポート校の学費などもかかるケースがあるので、通信制高校だけで判断することはお勧めできません。サポート校は法律上、フリースクール扱いなので、給付金などは国から出ないので注意しましょう。